タイ産ジャスミンライス1kg
白ご飯で大変おいしく召し上がれるタイ産の香り米です。

ジャスミンライスは品種ではなく、タイで生産された香り米を指しています。
ナショナルブランドが確立しているタイでは、日本のように品種にこだわることは
ありません。(産地にこだわる傾向はあるようですが)
ですから、ジャスミンライスも品種で言えばひとつだけではなく2種類の品種があります。それらは分けられることなくジャスミンライスとして品質管理され、流通しています。

炊いた状態の粘りや香りについては言うまでもなく、インディカ米の中でのジャスミンライスの特異性は、米粒のやわらかさです。
気温の高い地域で栽培される米は分子の結合が強くなり、硬い米になるのが普通です。
ジャスミンライスに限っては、他のインディカ米に比べ米粒がやわらかい風合いに栽培され、精米されています。(やわらかいと言っても米粒ですから硬いですよ。)
日本のごはんの感覚で、食べやすいお米です。

ワンポイント!
日本のお米に3割程度混ぜても、食感や香りが十分に楽しめます。




画像は合成によるイメージです。




にしら米穀店